訪問診療

当院は在宅支援診療所の認可を受けており、外来に通院するのが困難な方に対して、定期的にご自宅へ伺い診療を行う「訪問診療」を行っています。

対象となるのは以下の疾患があり、外来通院が困難な方です。

そのほかの疾患でも、外来通院が困難な場合は、訪問診療の対象となることがあります。お問い合わせください。

Q:どうすれば訪問診療が受けられるの?

訪問診療を希望される場合、当院の訪問診療の対象になるかどうか、事前に相談させていただく必要があります。
ご家族の方にお越しいただくことも可能ですが、先にケアマネージャーから連絡をいただける方が、必要な情報がそろい、スムーズに対応できるかと思います。

ご注意:定期的に訪問診療を行っている患者さまに対しては状態が変化した時に適宜臨時で往診を行っていますが、初診の方に対しては往診は行っておりませんのでご了承ください。

「訪問診療」という言葉の定義は? 「訪問診療」=「往診」と世間一般では考えられているかと思いますが、「訪問診療」と「往診」は定義が異なっています。それぞれの定義は以下のようになっています。
 訪問診療:定期的に自宅へ伺い診察する診療のこと
 往診:臨時で必要な際に自宅へ伺い診察する診療のこと

訪問診療のスケジュール

月2回、定期的に患者さま宅へ伺い診察し、必要に応じて薬剤を処方します。
元気なときも調子が悪いときも含め、診させていただきます。(必要に応じて、訪問回数を増やすこともあります)
※当院は、「在宅支援診療所」の認可を受けています。訪問は、「在宅支援診療所」の規定で月2回以上行うことになっています。

「在宅支援診療所」は、契約した方に対し、365日24時間健康相談を受け付ける体制をとっています

状態の変化があれば、まず訪問看護ステーションに連絡していただきます。訪問看護師が当番医に連絡し、診察の必要があれば、当番医が往診します。
急変などで、すぐに対応が必要な場合や、夜間投薬が必要な場合は、救急車で病院へ行っていただくこともあります。
(当院は、院外薬局に処方をお願いしており、夜間投薬はできません)

※夜間・休日は、当院の医師複数名が交代で当番医をしています。